ソードワールド2種族、技能説明

種族一覧

・人間

ラクシアで最も数の多い種族。パラメータ的な特徴は無く、いずれの技能も向く。

特殊能力

剣の加護/運命変転:ゲーム内時間で1日1回ダイスをひっくり返すことが出来る(例:1と1が出たなら6と6に。2と3なら5と4のように)
おそらく最強の特殊能力。

・エルフ

ラクシアでは森ではなく、水の種族。器用、敏捷、知力に優れ、魔法使いや軽戦士に向く。
1ではプリースト技能を取れなかったが、2では問題なく取得可能。

特殊能力

暗視
剣の加護/優しき水:水中でも1時間は息継ぎを必要とせず、鎧を着ていても泳ぐことが可能。

・ドワーフ

火の加護を受けた種族。一般的なドワーフとイメージは一緒で頑健な身体を誇り、優秀な戦士になります。
プリースト技能も向きますが、ソーサラーやマギテックを取って周囲を爆発で吹き飛ばすというスタイルの魔法使いも居ます。

特殊能力
暗視
剣の加護/炎身:炎によっては一切ダメージを受けません。身につけているものも焼けたりしません。

・タビット

直立したウサギのような姿をした種族。不器用で、足が遅く、筋力が低いですが知力が卓越しており優秀な魔法使いになります。(普通の人間の倍ほどの知力を持つ)。なぜか神聖魔法を覚えられず、プリーストにはなれません。

特殊能力
第六感:危険を感知することに長けています。スカウト技能なしでも危険感知を行うことが出来ます。

・ルーンフォーク
魔道機械文明時代に生み出された人造種族です。誰かを主と仰ぎ、使えていることが多いです。筋力と器用さに優れ、戦士や射手に向きます。反面、精神力が低いため魔法には弱く、神や妖精を認識できないためプリーストやフェアリーテイマーになることはできません。

特殊能力
暗視
HP変換:HPを好きなだけ消費してMPにすることができます。ゲーム内時間1日1回までになります。

ナイトメア
人間、エルフ、ドワーフ、リルドラケンのいずれからたまに生まれてくる突然変異の種族です。頭部に角があり、身体にあざがあります。能力全般に優れ、戦士、魔法両方に適正がありますが、特に魔法に対して適性が高いです。

特殊能力

異貌:一日何回でもナイトメア本来の姿になれます。角が大きくなり、肌が青白くなります。魔法を使う際発声や動作不要で詠唱が可能になります。鎧を着ていてもソーサラー魔法なども使用可能です。

弱点:銀と生まれ種族により、弱点が存在します。人間生まれなら土、エルフ生まれなら水、ドワーフ生まれなら火、リルドラケン生まれなら風のダメージに+2されます。

リルドラケン

ドラゴンから進化した種族です。人間より大柄で、筋力や生命力に長け、皮膚も丈夫で防護点1を持っており、優秀な戦士になります。ただし、知力と精神力に穴が有り、魔法使いにはあまり向きません。

特殊能力
鱗の皮膚:防護点が+1されます
尻尾が武器:尻尾を武器として使用することが出来ます。
剣の加護/風の翼:ゲーム内時間1日に1分だけ飛行が可能です。近接攻撃の命中、回避に+1の修正を受けます。

グラスランナー
SW1でもいたグラスランナーと基本同じ陽気な種族です。どこからきたのか、いつ来たのか不明で気がついたらいた。そんな種族です。MPを持たないと言う特殊な体質ですが、魔晶石を使うことでどの魔法も使用が可能です。

特殊能力
マナ不干渉:MPが常に0です。また、精神抵抗に成功すると、効果半減の魔法も無効化できます。
虫や植物との意思疎通:会話は出来ませんが、危険を知らせてくれたり、ざわめきで教えてくれる程度です。
スポンサーサイト
2014-11-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Rath

Author:Rath
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR