fc2ブログ

トクノトレジャーモンスター雑感

今回のトクノトレジャーモンスターに関する雑感を記します。
あくまで個人の感想ですので間違っているところがありましたらご指摘お願いします。
トクノトレジャー勇島、誠島でfrostとついた白、またはアイス色のモンスター、そして金色のパラゴンと戦っていくとバックパックに黒いMAFが沸く。これをNPCに奉納することでAFと交換することができる。
誠島砂漠へ行く手前にNPCはいる。

スクリーンショット (686)

入手条件ですが、敵を倒す、攻撃を受ける、他のPCの回復を行うなど戦闘に貢献することで入手できる。より強いモンスター、特にパラゴンと戦うと入手しやすい。無理のない範囲で戦うと手に入りやすい。
また幸運が高いほど出やすいとのことなので10周年アイテムの幸運の壺を使って1時間幸運を底上げして集中的に戦うのも良い。幸運を中心に上げたスペックの低い装備だと難儀しやすい。

トレジャーパラゴンの特性:通常のパラゴン同様に全体的な能力向上が見られる。人間の徒歩だと走って振り切るのは基本的に無理。トレジャーパラゴン独特の要素としてライフリーチが効かないというものがある。そのためヴァンプ戦士はパラゴン相手はかなり不利になるので注意。

有効な装備:集団戦向けのワールウインドの使える武器やエリア付き武器、強敵パラゴン向けのフェイントが使える武器
有効な特効:今回のトレジャー報酬にも入っているアンデッドがお勧め。次点で悪魔、爬虫類が切り替え用があると便利。
アイスは反特効の相手が多いので使いどころに注意。
有効な属性:大半の相手に炎属性が有効。ただしlesser hiryuやlava serpentのように炎が効きにくい相手もちらほらいるので、冷気武器やコンセクがあるとより安心。

スクリーンショット (658)

skeletal dragon(通称骨竜)
危険度Max
有効な特効:アンデッド、ドラゴン、爬虫類

こいつのパラゴンが今回のトレジャー最大の難敵。攻撃力が高い上にブレスを持ち、ネクロ魔法のBOが非常に厄介。レブナントも召喚してきますが本体から比較するとそこまで脅威では無いです。
戦うなら複数人数で包帯を巻き合うかソロならフェイントを入れて挑みたい。
スタミナダウンを入れると戦いやすくなるらしいですが、回避低下や命中低下、マナリーチスタミナリーチとほしいプロパティが多いので手持ち武器と相談です。
あとテレポを使って船に飛び乗ってくるため遠距離で安全とはいかないので注意。

スクリーンショット (664)

Frost Mite(通称無し)
危険度大
有効な特効:ビートル

通常個体はこっちから攻撃しなければ攻撃を仕掛けてこないが、パラゴンは積極的に襲ってくる。魔法は無いがただただ単純に打撃が痛い。特効がビートルというのが非常に面倒で、このトレジャーで汎用性の高いアンデッドと反特効なのでビートル特効を装備していると周囲からの攻撃が痛くてアンデッド特効を装備しているとこいつの攻撃が痛い。集団に混ざっていると死が見える。骨竜ほどではないが要注意

スクリーンショット (671)


Rune beetle(通称ルンビ)
危険度大
有効な特効:ビートル

皆さんご存じ、かつてペット界の一世を風靡した凶悪生物です。フロストマイトと違って積極的に攻撃を仕掛けてくる上に魔法に猛毒に出血に抵抗低下と殺意溢れる攻撃持ちなので非常に危険。特効もビートルなのでフロストマイト同様に警戒が必要。

スクリーンショット (669)

lesser hiryu(通称無し)
危険度大
有効な特効:爬虫類、ドラゴン

反特効ではないものの雪原で有効な炎に対して耐性が高いのが面倒な生物です。ディスマウントと物理低下も持つためルンビとセットだとこっちの防御が紙になりかねない。このセットが雪原にいる場合は次の日に回した方が安全かもしれません。

bone mage(通称骨メイジ)
危険度小(ただしパラゴンのみ大)
有効な特効:アンデッド

骨メイジは魔法とネクロ魔法をちまちま打って来るだけの雑魚です。特効もアンデッドでありまとめて蹴散らせますので余程遠距離から魔法を打ってこない限り脅威は低いです。ただしパラゴンの場合に限り、HPの高さとBOが組み合わさり危険性が大幅に高まります。なのでBO対策だけはしておきましょう。乱戦になる前に確実に仕留めておきたいです。
あと死んだあとこっちの荷物をルートしてくるのも面倒。

スクリーンショット (672)


lady of the snow(通称雪女)
危険度中
特効:アンデッド、アイス
徳之島雪原で元々みられるアンデッドモンスター。レブナント召喚をあいさつ代わりに行ってくる危険生物。1体だけならともかく3体とか並ぶとレブナントにも囲まれる羽目に。

スクリーンショット (656)

lich
危険度中
特効:アンデッド

割とおなじみアンデッドの重鎮。とはいえこいつは今のところBOを使ってこないので集中砲火にだけ注意しましょう。
あと名声が溜まっているなら

スクリーンショット (667)

献身の徳を贖うのに使うことも可能です。ロードまたはレディになっているなら死ぬ前に徳を稼いでしまうのも一つの手です。

スクリーンショット (676)

fan dancer
危険度中
特効悪魔

雪原南のヒーラー付近に沸くことが多いモンスター。アンデッド特効が効かず悪魔特効が有効なため特効の取捨選択が大事。それ以外は炎を浴びせかけたりしてきますが単独でそこまで危険ではない。

tsuki wolf
危険度中
特効悪魔

ファンダンサー同様悪魔特効が有効な近接系モンスター。細かいスリップダメージを入れてくるので数が増えると危険なのでそこさえ注意すれば比較的怖くはない。

スクリーンショット (675)

ronin
危険度中
特効無し

徳之島名物の浪人。攻撃力がそこまで高いわけではないが、受け流しが高いのと特効が無い関係上パラゴンになると非常に硬くて難儀する。エネワンや名誉の徳を確実に取っておきたい。

elite ninja
危険度中
特効無し

浪人同様特効が無い。分身をしたりと生存力は高めで鬱陶しい。ただ、一番の問題はステハイを活用してくるため、こっちがヒーラーに蘇生された瞬間を狙ってレスキルかましてくることか。一回殺されたらもう一回殺されるのを覚悟でヒーラーから引き離した方が吉。

スクリーンショット (655)

ice elemental
危険度小から中
特効エレメンタル、スノーエレメンタル、アイス

見た目は土エレだけどこっちは魔法を使ってくる。とはいえそこまでの強敵ではない。集中砲火にさえ気を付ければ問題はないでしょう
スクリーンショット (662)


snow elemental
危険度小~中特効エレメンタル、スノーエレメンタル、アイス
見た目は風エレですがこっちは魔法を使ってこない。なのでアイスエレメンタルより格下。

スクリーンショット (657)

赤メイジ
危険度小
特効アンデッド、メイジ

魔法を使うだけの雑魚。パラゴンになったうえで集中砲火されなければまず大丈夫でしょう。ただしメイジからしたら鬱陶しいのでそこは注意。

lava serpent(通称火蛇)
危険度小(ただしパラゴンは中)
特効爬虫類、スネーク、フレイム

火蛇はこの沸きの中では珍しい火抵抗が高いモンスター。炎属性だと有効打を与えにくいので注意。またパラゴンになるとブレスダメージが痛いので優先的に処理しておきたい。

ice serpent(氷蛇)
危険度小
特効爬虫類、スネーク、アイス

火蛇と打って変わって氷蛇は炎抵抗が低いしブレスも持っていないので適当に範囲攻撃で殴っておけばOK。大した脅威ではない。

スクリーンショット (684)

skeletal knight,bone knight(通称骨騎士)
危険度小
特効アンデッド
スケルトンよりは強いですが戦士には脅威にはほぼならないでしょう。メイジやテイマーは接近されると面倒なので一応注意を。

スクリーンショット (684-1)

spectre,wraith(通称幽霊)
危険度小
特効アンデッド

一応魔法を使ってくるので詠唱妨害にはなりますがほぼそれだけです。

kappa
危険度ほぼ無し
特効無し
徳之島原産の生物。魔法も無いがHP削りや酸が鬱陶しいくらい。脅威としては大したことは無い。

スクリーンショット (665)

gore fiend,skeleton,zonbi
危険度ほぼ無し
特効アンデッド

雪原に挑みに来るくらいの戦士ならほぼ無害な雑魚達。むしろリーチ系での回復に助かるくらい
スポンサーサイト



2023-11-05(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Rath

Author:Rath
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR