ルーンファクトリー4キャラ紹介その3

若干のネタバレを含んでいます。未プレイの方はご覧にならないようご注意ください。
嫁、婿候補以外の町の人(?)たち

セルザウィード

性別は明言されていないが、わらわというので女性だろうか。
世界に4柱いるルーンのバランスを取るネイティブドラゴンの一柱。
そのうちの永遠を司る風の神である。
ゲームのオープニングで飛行船から落下した主人公が命中したが
双方無事であり、実に頑丈である。(ドラゴン相手に空から落下して怪我がない主人公のほうがよりおかしいが)
野菜が好物なのに加えてホットケーキが大好物。

町を守っているため基本的に戦闘には参加しない。


ヴォルカノン

セルザウィードに使える執事。男性
ビシュナルとクローリカの教育係でもあり、町のお祭り進行担当もこなす多芸な人。
他にも一瞬で裁縫を終えたりあっという間に橋をかけたりと執事=万能と断言する無茶な人。
思い込みが激しく、人の話を聞かないあたりビシュナルの師匠という感じである。

セルザウィードを狙う不埒者はハンマーで一撃と豪語しているが、
町とセルザウィードの護衛をしているためやはり戦闘には参加しない。


ブロッサム

雑貨屋を営むおばあさん。
ダグを家に住まわせ手伝いをさせている。
体の調子が悪いのか病院に通院している模様。

年のため戦闘には参加しない。


バド

ドワーフの鍛冶屋。男性。
ドワーフだがダグと血縁というわけではなく、フォルテ、キール姉弟との縁のほうが深い。
腕のいい鍛冶屋であり、お金儲けしたいなぁが口癖だが、やる気がないため普段から適当にやっている。
そのため店の商品はなまくらばかりであり、店は常時赤字でバイトで赤字を埋めている。

戦闘能力は高いがレベルが低い間はさぼる。
100レベルを超えたあたりからさぼらなくなる模様。
大剣をぶん回すアタッカーとして活躍してくれるが走って突っ込まない模様。


ポコリーヌ

食堂の主で腕のいい料理人。男性。
マーガレットやアーサー、ディラスらの事情を気にせず受け入れる懐の広い変人。
絶賛される腕の持ち主なのだが大食らいであり、自身が作った料理を客に出す前に食べてしまう。
そのため店はしょっちゅう赤字。
ディラスが来てからは食べてしまう前にディラスが客に出すため黒字になることが増えた模様。

戦闘時には魔法は特に使わず双剣を振り回して戦う純前衛。
足がやや遅い。基本ギャグキャラぽいのだが戦闘中にすごくいい声で「とどめ」だと言ったりする。


リンファ

シャオパイの母親で旅館の女将。
すさまじいまでの天然ボケでしょっちゅうミスをしているのだが、恐ろしいまでの強運のせいで全てがうまくいく。
彼女に幸運を吸われているせいで、旦那と娘が不幸に襲われているという気もする。

戦闘時は槍で戦うが、なぜか敵に空からタライが降ってきたり、手裏剣を投げたりする。
タライのほうは、タライを売っている旦那がこっそり援護してるのかもしれない。
実は夫婦そろって忍者か?


エルミナータ

花屋の主人。エルフの女性。
コハクの身元引受人となる。
名探偵を名乗るいわゆる迷探偵であり、毎回事件を迷宮入りさせる。

戦闘面では得意武器がじょうろ。
花屋だからってそりゃないだろうと言いたい所だが、アクセサリーに農具の威力を上げられるものがあり、
それを渡した上で鍛え上げたじょうろは主人公以上の打点をたたき出したりする。


ジョーンズ

医者。男性。
病院送りになった主人公を治療してくれるが結構な金を請求される。
血を見ると壊れる危ない人。なんで医者をやっているのだ・・・。
ただし血を見ない限りは理性的。
妻のナンシーとところ構わずいちゃついているため苦情が出ていたりする。

戦闘時には双剣を振り回し戦う(メスではない)。ただし攻撃速度は遅め。
戦闘中も危ない笑い声を上げることがあり、斬り裂き魔のごとき光景となったりする。


ナンシー

ジョーンズの妻で看護師。
ドルチェを引き取る。
旦那とラブラブでほぼ毎日が何かしらの記念日としている。
その中には他人には意味不明のものも多数。

バリツ(シャーロックホームズがつかうという武術か?)を習っているらしく、拳で戦う。
魔法も使わないので、ひたすらモンスターを殴り蹴倒す。
正直どうなんだそれは。
スポンサーサイト
2013-04-17(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Rath

Author:Rath
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR