ルーンファクトリーキャラ紹介その2

若干のネタバレが含まれていますので、ネタバレが嫌いな方はご注意ください。
婿候補6人

ビシュナル

執事見習い。
やる気はあるが盛大に空回りするタイプ。
その上人の話をまったく疑わず受け入れるためとんでもない方向に迷走しがち。
料理はフォルテに次いで下手であり、カレーライスと称して失敗作をよこしてくる。
(カレーをどうやったら失敗できるのだろう。なお、この世界にはカレー粉がある。)

仕事面では難ありというか難しかないが、師匠のヴォルカノンの薫陶か戦闘面では有能。
剣と回復魔法全般を使い、頼れる前衛である。


アーサー

本当の王子。王子の仕事は成り行きで主人公に任せて本人は貿易の仕事をしている。
重大なネタバレ・・・といいたいところだがゲーム開始5分で分かることなので。
常に忙しく仕事をしており、仕事を中断しただけで周囲は驚くワーカホリック。
どういうわけかメガネが大好きで「めが」というだけで反応したりする。
また、可愛い小動物が大好きだが手を出すのが苦手でペットにはしていない。

戦闘面では光と闇の魔法攻撃を得意とする後衛キャラ。
ただし意外と血の気が多いのか杖で殴りかかることも多い。


キール

フォルテの弟。肉体労働系の姉と違い病弱で頭脳労働系。
病弱なため本をよく読んでおり知識は町での有数のレベル。
素直すぎ、自身が聞いた話はデマっぽくても町中にそのまま広める。
姉とお隣のバドが家事全般壊滅なので全てをこなしている。

戦闘面では各種攻撃、回復魔法を使う軽戦士といったところ。
ただし病弱なためか知力が高く筋力が低めなため魔法のほうが威力は高い。


ダグ

ドワーフの青年。
この世界のドワーフはいわゆるひげもじゃではなく普通の人間とあまり変わりがない。
耳がとがっていることと言葉にカタカナが混じることくらいか。
この町に一人で来て、雑貨屋で暮らしてその手伝いをしている。
雑貨屋の手伝いなんて面倒くさいといいながらあまりサボらず仕事をしている。
素直じゃない人その2。(その1はドルチェ)
ご飯愛好家でありパンでは力が入らないと力説する。

戦闘時は非常に好戦的な体力と筋力に優れる前衛。知力はお察し。
一般的なドワーフと違って斧ではなく片手剣を得意とする。
ファイアーボールも使うが威力はたいしたことがなく、剣一本で敵に突っ込んでいく。
婿候補では唯一といっていい近接特化型。
戦い方といい素直になれない点といい、ノリはヤンキーである。


ディラス

ストーリーが進むと町にやってくる。
馬の耳と尻尾を持ち、人参と牛乳粥が好物。
素直になれない人その3。そのせいかお互いに気に障るのかダグとしょっちゅうにらみ合っている。
かつて友人に習った釣りが趣味で、町の釣り大会では毎回上位になる。
食堂でウェイターをやっており、食堂の主を抑える役目を務めている。

戦闘時はダグと同じく好戦的な前衛だが、近接攻撃以外に雷や風の魔法も駆使して戦う。
ただし知力はやっぱり低め。
得意武器が槍と拳の2種類ある珍しい人。


レオン

ストーリーが進むと町にやってくる。
狐耳と尻尾を持つ。
過去の言葉に堪能で文献の翻訳などを行っている。
趣味は人をからかうことでフォルテやダグ辺りがよくからかわれている。
刺激があるといって毒や麻痺などのバッドステータスの入る食べ物を好むUOのPCみたいな人。

戦闘時には地水風火の攻撃魔法と武器を両方駆使して戦う万能型。
スポンサーサイト
2013-04-15(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Rath

Author:Rath
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR